• 再生可能エネルギーへの取り組みが、各地で進んできています。

    なかでも、長崎県の取り組みは積極的です。

    県をあげて推進しており、太陽光発電では宇久島や長崎空港隣接地に大型発電施設が計画され、風力発電は大型のものを含め数十機が稼動しています。

    また、県を代表する観光施設、ハウステンボスには2009年に「長崎次世代エネルギーパーク」

    が開設されました。

    ここで次世代エネルギーを身近に感じられることが、県内での太陽光発電などの普及に一役買っています。

    再生可能エネルギーへの取り組みを加速させているのは、福島の原発事故と地球温暖化対策が背景にあります。

    福島の事故は、原子力発電への信頼を根こそぎ奪いました。

    また、再生可能エネルギーの買い取り制度が、手堅く稼げる事業として多くの参入者を生みました。

    原子力発電に替わる電力を求めるムードと、ビジネスチャンスが、電力産業に大きな変化を与えたのです。

    でもこれは、まだ始まりに過ぎません。

    なぜなら、再生可能エネルギーは、まだまだ不完全だからです。

    再生可能エネルギーは、大自然を活用します。

    太陽光、風、地熱などを使って発電するわけですが、自然は人間が思うように動いてくれるものではありません。

    そこが先ほどの「不完全」

    の意味の一つなのですが、この話は後に譲らせていただいて、ここからは長崎県のお話をしたいと思います。

    長崎県には、再生可能エネルギーによる発電施設が、大規模なものを含めて、すでにいくつもあります。

    ハウステンボス内の次世代エネルギーパークのPR効果もあって、県内のムードは個人や民間企業がその発電に参入することに好意的です。

    長崎県の地場銀行には、太陽光発電向けのローンを用意しているところもあります。

    太陽光発電に取り組むことをご検討の方は、情報収集のひとつとしてこちらのサイトをご覧になってはいかがでしょうか。

    長崎の業者で太陽光発電を導入したい方はチェック

    長崎県の業者が紹介されています。

    太陽光に参入されるなら、県内の事情に詳しい業者を選ぶほうが、いろいろと手間がかかりません。

    実績や評判などを知っておくのは、きっとプラスになると思います。