• 埼玉県庁に「ソーラー水素ステーション」

    という設備があります。

    実験的に自動車メーカーが設置したもので、燃料電池車の燃料を供給することができます。

    燃料電池車の燃料をご存知でしょうか。

    ガソリンではありません。

    軽油でもありません。

    水素なのです。

    ガソリンスタンドは、運んできたガソリンを蓄えているだけで、製造するところではありません。

    しかし、ソーラー水素ステーションは蓄えるだけでなく、水素の製造もするのです。

    しかも、原料は水だけです。

    中学生の理科で、「水の電気分解」

    を学習したのですが、覚えておられますか。

    水は電気分解すると「水素」

    と「酸素」

    に分かれるのです。

    水素ステーションがやっていることの原理は、これと同じです。

    ただ違うのは、分解に使う電気が電力会社のものではなく、設備内の太陽光パネルから得られたものだということです。

    この水素ステーションのほかに、川崎市と総合電機メーカーが、太陽光発電で水素を製造する共同実証を開始することになりました。

    日光と水で水素を作る、これが太陽光発電の将来の役割の一つなのです。

    中学生の理科で、「水に触媒を介して電気を流すと、酸素と水素に分解される」

    ことを知りました。

    では、この逆をやるとどうなるでしょうか。

    具体的に言うと「酸素と水素を反応させる」

    のです。

    すると何が起こるかというと、「電気が発生して、水にもどる」

    のです。

    イメージで表すと「酸素+水素=水+電気」

    という感じでしょうか(こんな数式はありませんが…)。

    燃料電池車の原理はこれと同じです。

    車内のタンクに入った水素を空気中の酸素と反応させると、発生した電気でモーターが回り、水が車外に排出されるのです。

    注目すべきは、燃料電池車がCO2を排出しないことです。

    電気は、実は貯蔵に向いたエネルギーではありません。

    太陽光発電で作った電気は、すぐに使わないと放電されて消えてしまうのです。

    まぶしいくらい晴れて、太陽光発電がその力を100%発揮しても、その時点で使い道がなければ、今までは消えるだけでした。

    でも、水素に替えるようになれば、消える運命だった電気を、形を変えて貯蔵することができるのです。